Site Loader
online casino

オンラインカジノを始める時、「オンラインカジノで大金が当たった時、税金は払わないとダメなのか?」どうかと気になるという方は多いのではないでしょうか。

意外に思われるかもしれませんが、オンラインカジノで当たった賞金は「一時所得」という所得に分類されてしまい課税対象となるんですって!

ココではオンラインカジノの税金について詳しく解説していきたいと思います。

オンラインカジノ税金が一時所得に⁉︎

オンラインカジノなどのギャンブルで稼いだお金は法律的に「一時所得」としてみなされ、課税対象となるんですって!

では、「一時所得」とはいったいどんなものなのでしょう?

【一時所得とは?】

一時所得に対する定義は「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得」となっています。

簡単に言うと、会社員の人がもらうお給料や事業者が生み出す利益などではなく、突発的に手にすることになったお金というコトなんです。

国税庁の資料によると、一時所得に分類されるのは以下の5種類と定められています。

1.懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除く)

2.競馬や競輪の払戻金

3.生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除く)や損害保険の満期返戻金等

4.法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除く)

5.遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

オンラインカジノで稼いだお金は、この中の

「1.懸賞や福引きの賞金品」

「2.競馬や競輪の払戻金」にあたるため、税金を支払う必要があるというワケなんです。

オンラインカジノ税金ギャンブルで税金を払っているイメージがないのはなぜ?

みなさんはどうでしょうか?

ココで、ギャンブルに興味がある方は

「競馬やパチンコで税金払ったことがない・・・」

「勝ったという話しはよく聞くけど、税金を払ったという話しは聞いたコトがない」

と思う方が大半だと思います。

普通、競馬やパチンコ、宝くじなど、日本でできるギャンブルに税金のイメージはありませんよね?

実際のトコロ、ほとんどの人がギャンブルで勝ったとしても税金を払っていないでしょう。

「競馬やパチンコのお金を脱税した!」というニュースなんて聞いたことがありませんよね?その理由は、勝金の受け取り方にあるのです。

次は、勝金の受け取り方について説明します。

オンラインカジノ税金:勝金を受け取った「記録」があるかないかの違い

本来ならば競馬やパチンコなども、税金を支払わなければならないのです。

パチンコや競馬は勝金を現金で受け取りますから、銀行などの記録には残りませんよね。

そうなると、お金の流れを税務署側が把握できないため取締りが難しくなり、大目にみられている(見逃されている)のが現状なのです。

ちなみに宝くじは例外で、あらかじめ税金が天引きされているのです。

一方、オンラインカジノの勝金の受け取りは銀行振込や小切手など、記録に残る方法に限られています。

税務署側がお金の流れを容易に把握できるため、納税しなければ追及されてしまいますからしっかりと納税しましょう。

オンラインカジノ税金:課税金額や所得税の計算方法

ではここで、オンラインカジノで稼いだ時にどれくらいの税金が発生するのかを解説します。

一時所得が70万円以下の場合は確定申告は不要になります。

一時所得の納税義務としては、以下のルールがあります。

・一時所得は最大50万円までの特別控除があります。

・給与等以外の所得が20万円以下の場合は申告不要です。

しかし、オンラインカジノの勝金はプレイヤー個人の収入になりますので、自分自身で確定申告を行い納税する必要があります。

オンラインカジノ税金:税金のかかる時期・申告時期は?

税金は、その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかります。

そして、その翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をします。

たとえば、2020年の6月にオンラインカジノを始めた方は、2020年の12月31日までの収入を2021年の2月16日から3月15日の間に確定申告します。

2021年に入ってからの収入は含みませんので注意してくださいね。

自分で申告するとなると、面倒くさくて先延ばしにしてしまうコトもあるかと思いますが、早めに行くコトをおすすめします。

なぜなら、この時期の税務署は信じられないくらい混み合うためです。 

みんな面倒くさかったり忙しかったりで先延ばしにしてしまうのか、確定申告時期の最終週が特に混み合うんですよ。

オンラインカジノ税金:確定申告に必要な書類

確定申告を行うときに、必要となる書類は以下の通りです。

・源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)

・支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)

・経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

「支払調書」に関しては、オンラインカジノに直接問い合わせて受け取るか、自身で収支明細をプリントアウトする、自分でつけた帳簿などでも大丈夫な場合があります。

書類を用意した後は、普通に確定申告を行うだけです。

初めての方は難しく大変そうに感じるかもしれませんが、わからないコトがあっても税務署の方に直接聞けば確実に申告ができますから安心してください。

オンラインカジノ税金:まとめ

オンラインカジノで楽しんで、大金を稼ぐコトはウレシイですよね。

でも、その後にその大金を確定申告で申請する手続きはとっても面倒に思うかもしれません。

楽しみだけを感じるのではなく、するべきコトもしっかりとできるのが大人のカジノプレイヤーです。

税金をしっかり納めながらも十分な金額を稼ぎ続けるコトができるスマートなオンラインカジノプレイヤーを目指しましょう。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *