Site Loader

食事の量だけでなく時間も気にしなくてはいけません。 これは一日のどのタイミングでご飯を食べるかと言う事だけでなく、一回の食事に掛ける時間も重要になってきます。 すごいスピードで物を口に放り込みあまり噛むことなく胃の中に吸収してしまうと当然ですが消化はしにくくなります。 よく噛みましょうとは小さな頃から口酸っぱく言われてきているでしょう。 しかし、どうしてもこれが当たり前のようにできていない人が非常に多いのです。 それを踏まえると、これは特に忙しい社会人やサラリーマンなどは時間を掛けることが難しくこの事自体が蔑になってしまっている事が実際には多いのです。 しっかりと噛み砕いてすりつぶして胃の中に入れてあげるだけで、この消化がスムーズになりますので、これが、より一層体の中にこれから取り入れやすくなります。 そしてまたプラスアルファで顎の力も継続する事で効率よく鍛えられバランスが良くなります。 これは今までより、ずっと体調やコンディションも比較してもよくなります。


深夜や遅い時間にご飯を食べることはあまりよくありませんし、寝る前等は本当に悪いのです。 食べてすぐに寝ると豚になるとか牛になるとか、慣用句で昔から言われているのはそういうことです。 本当に太りやすい状態を作ってしまっているのです。 ですから寝る3時間前までは水分以外は何も摂らない事をお勧めします。 それでもサラリーマンなどは仕事終わりに終電ぎりぎりまで呑んでお酒のつまみを食べて帰ってきて、そして結果ここでは特に何もせずにすぐに寝てしまうと言う方が多いと言われています。 これも非常に健康的ではない体に害しか与えないような行動でダイエット中はぜひとも避けたい事の一つです。 寝ている間にも胃や内臓が働き過ぎて朝起きたら胃もたれになってしまっている事がよくあるでしょう。 それを避けるためにも時間帯や量、食材、バランスなど全てに気を使っていきましょう。 徹底して細部までチェックをしていかなくてはいけません。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *